玉は堅く・美しく、そして潤いを帯びた温かさを持っている。新石器時代に玉を用い始めて以来、今日までずっと中国の人々はこの玉を愛し続けてきた。数千年の歳月を経ても玉はなお人々の心に輝かしく奥ゆかしいものとして生きている。玉の伝えようとするものはただ単純な美的要素だけではなく、内に秘めた豊かでしかも複雑な中国文化そのものといえる。
※ 各商品画像をクリックしていただくと詳細画像、および商品解説がご覧いただけます。

玉製品 Page14 | Page13 | Page12 | Page11
Page10 | Page09 | Page08 | Page07 | Page06 | Page05 | Page04 | Page03 | Page02 | Page01

GK-1319 GK-1320    

玉鳥

瑪瑙太陽神
   

GK-1315 GK-1316 GK-1317 GK-1318

玉龍紋佩

玉香炉

玉握豚

玉鹿

GK-1311 GK-1312 GK-1313 GK-1314

玉馬

神人獣面紋玉琮

狩猟紋棒玉鎮

玉鳥

GK-1307 GK-1308 GK-1309 GK-1310

龍・蝉複合龍形器

龍紋玉コウ

玉櫛飾

神人面玉琮

GK-1303 GK-1304 GK-1305 GK-1306

牛頭紋筒形器

玉鳥

帯飾透龍紋玉壁

玉鳥

玉製品 Page14 | Page13 | Page12 | Page11
Page10 | Page09 | Page08 | Page07 | Page06 | Page05 | Page04 | Page03 | Page02 | Page01