CT-074 彩陶人頭双耳壺
時代: 新石器時代(甘粛仰韶文化・平山類型)  、 サイズ: 高さ 33cm×胴径 29.5cm×奥行 26cm
価格: \ 問い合わせ
彩陶を伴なう文化は黄河流域に劣らず、長江下流域でも発達していたことが確認されている。彩陶には鉢・盤・盒・豆・壺・罐・瓶などの多くの器種が知られるが墓葬での発見が多く、主に副葬用や祭祀用に用いられたと考えられている。彩陶は1921年にスウェーデンの地質学者 J・アンダーソンによって河南省の仰韶村において発見された。仰韶文化の名称はこれに由来する。人の形象はやや微笑み、表情は穏やかで芸術性が高い作品。

参照 : CT-054








← 陶俑 のページへ戻る