白磁に色絵を焼き付ける技法は、宋代に磁州窯系の窯で始まった。我国で宋赤絵の名で親しまれているのがそうである。この技法が景徳鎮の白磁に応用され、明以降の彩磁隆盛期をもたらす。
現在では赤絵の出現は元末と考えられており、明初宣徳には古赤絵と呼ばれる作品、成化には豆彩、嘉靖・隆慶・万暦には濃厚・鮮麗な作品が作られた。
※ 各商品画像をクリックしていただくと詳細画像、および商品解説がご覧いただけます。

明の赤絵・五彩 Page1

CA-053 CA-054    


色絵人物文碗
.


色絵人物文碗
.

   

CA-049 CA-050 CA-051 CA-052

赤絵魚文杯
.


色絵人物文鉢
.


五彩人物文壺
.


南京赤絵鶏文碗
.


CA-045 CA-046 CA-047 CA-048

五彩龍文合子
.


五彩花鳥文瓶
.


紅地青花人物文蓋付壺
.


紅花緑彩鳳凰唐草文盤
.


CA-041 CA-042 CA-043 CA-044

赤絵鳥文盃
.

萌黄金襴手唐草文碗
.


緑釉鹿水滴
.


五彩雲鶴文壺
.


CA-037 CA-038 CA-039 CA-040

黄釉刻花龍文盤陶片
.


五彩人物文皿
.


紅地金襴手青花
葡萄栗鼠文小盤 .


黄釉刻花龍文盤
.

CA-033 CA-034 CA-035 CA-036

黄釉刻花龍文盤
.

南京赤絵花鳥文小碗5客
.


黄釉暗花龍文洗
.


法花龍文柑子口瓶
.

CA-029 CA-030 CA-031 CA-032

赤絵草花鳥文盃
.

紅緑彩蓮魚藻文瓶
.

五彩唐子紋筆
.

黄地緑彩龍文盃
.

CA-025 CA-026 CA-027 CA-028

五彩西遊記図壺
.

紅緑彩蓮池水禽文壺
.

五彩牡丹唐草獅子文壺
一対

五彩開光花鳥果文盤
.

CA-021 CA-022 CA-023 CA-024

五彩開光蓮池水禽魚貝文
六角皿

五彩鳥文玉壺春瓶
.

五彩開光蓮池水禽魚貝文
六角皿対

五彩家鳥文皿
.

CA-017 CA-018 CA-019 CA-020

五彩花鳥文瓶・対
.

五彩開光蓮池水禽魚貝文
六角皿

赤絵龍文盤
.

五彩花蝶文皿10枚
.

CA-013 CA-014 CA-015 CA-016

五彩花鳥文角皿5枚
.

紅彩瓢瓶
.

五彩矢立
.

紅緑彩人物文梅瓶
.

CA-009 CA-010 CA-011 CA-012

五彩開光蓮池水禽魚貝文
六角皿

南京赤絵蟹文皿二枚

五彩家鶏文皿

黄地緑彩雙龍戯球皿9枚

CA-005 CA-006 CA-007 CA-008

闘彩騎馬人物文脚杯
.

色絵鳳凰形水注
.

赤絵婦女図盤
.

五彩龍文碗
.

CA-001 CA-002 CA-003 CA-004

五彩有蓋壷
.

五彩赤絵皿
.

色絵鉢
.

色絵壷
.

明の赤絵・五彩 Page1