CT-035 彩陶人面器口瓶
時代: 新石器時代(BC5000〜2500年頃)  、 サイズ: 高さ 26cm×胴径 13.5cm
価格: \ 問い合わせ

廟底溝類型。
胴部には中心に天を配する円形を主軸に渦巻く文様が描かれ、人面が装飾される。眼・口は貫通する穴を耳・鼻穴にも穴が穿たれ、髪部は線刻されている。赤褐色の胎土である。儀式に用いられたものであろう。甘粛省博物館蔵の類品が知られる。類品は新潟(薬照寺)に納入。

参照 : CT-001
参照本 : 中国国宝展 2000薬師寺所蔵品図録A 中国の陶磁









← 陶俑 のページへ戻る