CM-061 黒釉白抜き双鳳文瓶
時代: 南宋〜元時代  、 サイズ: 高さ 25cm×胴径 15.5cm
価格:\ 問い合わせ
吉州窯。
肩が張った姿の瓶には鳳凰が2羽大きく剪紙技法で表現され、裏面にも同様の鳳凰が一対で表されている。また細部は鉄絵具で粗く施されている。黒褐釉は口縁部から底まで掛かる茶色がかった胎土と剪紙文様の白地とはやや異なり、白土を文様の部分に施したものと思われる。同品を出光美術館に納入。

参照 :CM-050
参照本 : 平凡社版 中国の陶磁E 天目







← 天目・黒釉陶 のページへ戻る