NK-020 青磁象
時代: タイ(13〜16世紀) 、サイズ: 高さ 17.5cm × 横 18cm×奥行 10cm
価格: \ 50,000
シーサッチャナライ近郊のバン・サラキットからの出土品。象は最も人気のある対象の一つで、日常の場面で親しんでいる。動物の描写は型にとらわれずに、愛くるしく生き生きとした表情を見せている。








← 南海の陶磁 のページへ戻る