GK-1177 双獅子佩

時代: 戦国時代(BC476〜BC221) 、サイズ: 高さ 6.5cm×横幅 6.7cm×厚さ 0.5cm

価格: ¥問い合わせ

鈎雲文が刻された壁を双辟邪が支える。一緒に埋まっていた銅製品の緑青泌化で本来の白玉が美しい緑色となるとともに、全体ベンガラにまぶされていたと知れる。
ベンガラ(朱砂)は鮮血の象徴であり辟邪降魔の力を備えていると考えられ、高級墓にまま見られる。

参照:GK-840












← 玉製品のページへ戻る