GK-1159 碧玉山水人物筆筒

時代: 乾隆時代 、サイズ:高さ 10.5cm×胴径 7.7cm

価格: ¥問い合わせ

黒斑が散点する良質和田碧玉。深山幽谷人物・雲龍・鳥文が細微に刻される。

ジャスパーとも呼ぶ碧玉は微細な石英の結晶が集まってできた鉱物であり、宝石の一種。乾隆帝は特に好み、種々の工芸品・花瓶・印章・山子等造らせている。日本では出雲地方で産出し、管玉・勾玉に使われる。
図は士太夫憧れの仙界境を表す。中国人の人生観・幸福観の不生不老の寓意が込めらた吉祥図案。
筆筒は文房四宝と共に文房飾りとして重要な位置を占めた。

主の知性の高さを示し研ぎ澄まされた美意識に通じ抜かれた品が用意された。

参照:GK-468












← 玉製品のページへ戻る