GK-1113 玉舞人佩
時代:前漢時代  、サイズ: 高さ 6.2cm×横幅 2.5cm×奥行 0.5cm
価格: ¥問い合わせ

透彫りによる玉舞人は、前漢時代中期頃から増え始め流行した。
腰に壁佩を垂らす当時の風俗がうかがえる。
線刻は極めて鋭利・厳しい。

参照:GK-917GK-322GK-097











← 玉製品のページへ戻る