GK-1092 玉龍佩
時代: 戦国時代後期 、サイズ: 高さ 4cm×横幅 7.8cm×厚み 0.3cm
価格: ¥200,000

双龍の下に子龍が形成。体表には細微な装飾文が刻される組佩の一つ。
戦国時代晩期に至って玉器の彫技・デザインが頂点に達したことを良く表している魅力的作品。
風化により上部局部湿潤。褐色化も古玉の魅力。

殷時代以降、玉を帯に結んだ一連の玉の組み合わせ飾りで、その振れ合い音を歩く時の行動の目安とする風習が定着する。

参照:GK-462GK-464GK-438











← 玉製品のページへ戻る