GS-066 ガラス絵
時代:清朝時代(19世紀)  、サイズ: 高さ 31cm×横幅 19cm×奥行 1.6cm
価格: \ 問い合わせ
「ガラス絵」は透明ガラスの板裏に描き、表から観賞する。13世紀中世ヨーロッパの宗教画に始まり、18世紀東欧で盛んに描かれ中国を経て江戸中期の日本に伝わり、幕末〜明治期には美人絵・風景が多く作られた。

建物・背景文様は細微に可憐な宮廷官女・侍従が描かれる。多く制作された内絵鼻煙壺も同技法で描かれている。
ガラス絵が持つ独特の幽玄な雰囲気が好ましい。

参照:GK-057GK-060









← ガラス製品 のページへ戻る