GS-064 乾隆ガラス碗
時代:乾隆時代(1736〜1796)  、サイズ: 横幅 14.5cm×奥行 10cm×高さ 4cm
価格: \ 問い合わせ
えも言われぬ深みある、薄茶色の被ガラス。
波濤文地に二羽の鴨・二羽の千鳥・樹・雲が肉厚に深く刻される。
高台内には「乾隆年製」銘が印刻の貴重な官製造。近時造のややこしい乾隆ガラスと言われる作品が溢れる中、古く日本に伝わった稀少品で数寄・茶人に取り上げられ、夏用抹茶碗として使われてきた知られた品。
某著名茶人より長年の懇請で入手。










← ガラス製品 のページへ戻る