CQ-191 紛彩黄地花紋盤

時代: 清朝時代 道光年間(1821〜1850)  、 サイズ: 径 10cm×高さ 1cm

価格: \ 問い合わせ

中央には施金彩が残る団龍紋。黄地には花紋が密に描かれる。
高台内には紅彩で「慎徳堂製」の楷書銘。「慎徳堂」は道光年間の上質作品と言われ珍重された。一方で道光帝と関係のある殿堂とも言われてきた。円明園内に建設し、晩年を過ごした行宮内で使用する為の御器であると考証されている。












← 清朝〜民国の陶磁のページへ戻る