GK-1305 帯飾透龍紋玉壁 / Old Chinese Jade

時代: 戦国時代(BC476~BC221) 、サイズ: 高さ 16cm×横幅 13.5cm×厚さ 0.4cm

価格: ¥問い合わせ

中央の円環を双頭龍6頭が噛み、外周円環にも双頭龍6頭が噛む。壁の頂上には虎を挟んで双蛇が、下方左右には虎が装飾される。円環には斜状紋(螺刻み彫り・縄索紋という最高難度の刻彫り。)が、龍・蛇の体表には極めて細微緻密な線彫りが一点の乱れ無く刻され驚く。

土中泌化により局部変色し、その配置から古玉鑑賞の魅力を醸す。
戦国時代、玉彫の最高超絶技巧が賞でられる作品。


















← 玉製品のページへ戻る