GK-1237 玉鴞

時代: 新石器時代 、サイズ: 高さ 6.5cm×横幅 6cm×厚さ 2cm

価格: ¥問い合わせ
紅山文化(BC4000~BC3000)。

フクロウが飛翔する状態。造型は鋭利。青玉が局部褐色化し、対比が美しい。
このような鳥の形は写実的だが、古代人が単純に模写した自然物ではなく、当時人々から尊敬と崇拝を受けていた神である。
フクロウは猛禽で鷹に属し、力と勇気の象徴と考えていた。

















← 玉製品のページへ戻る