GK-1180 玉組佩

時代: 戦国時代(BC476~221) 、サイズ: 円環 / 径 4cm、璜/ 横幅 7.5cm×高さ 4cm

価格: ¥問い合わせ
斜線紋円環×2点・三龍壁・龍璜対・双龍・璜対 八点の組佩。
三龍壁・双龍・璜対の表面は鈎雲・極粒文が刻される。白玉が局部褐色風化で古味がある。

連なる玉を腰から下げ、音を鳴らすのは戦国時代貴族の風。
一連組佩として残るのは稀であり、当時の組佩状況を知る風俗史料としても貴重。















← 玉製品のページへ戻る