CW-160 白磁杯・托
時代: 北宋時代 、サイズ:高さ 5.5cm×横 10.5cm(盃 高4×口径7)
価格: \ 問い合わせ
景徳鎮窯。
一段高く巾広に口縁を形成する盃と、受ける托が揃う。極めて薄作りで光を透過し、釉が溜まって青みが強い部分が見られる。優品を多く製作した湖田窯の作品。
同型品が水注とセットで江蘇省鎮江の北宋時代(1071)年墓から出土している。

参照本 : 白いやきものを楽しむ - 中国・新石器から明代まで -







← 白磁 のページへ戻る