DK-870 白銅羽状地紋三山鏡 / Old Chinese Bronze Mirror

時代:戦国時代(BC3世紀) 、サイズ:径 12cm×厚さ 0.5cm
価格: \ 問い合わせ
「T字鏡」や「丁字鏡」と呼ぶ学者も多い。四山鏡が最も多く、三山鏡は稀少。白銅製。
山子鏡は戦国時代代表的な鏡。産地は当時の銅鏡の大産地「楚」の国の可能性が高い。山の文様の意味は漢字の「山」であるとする説、雷文や獣文の変形であるとする説がある。

昔はとても高価で美術館収蔵が多く、手に取ることもできなかったこのような品が近来の発掘により廉価に求められる時代。
中国に感謝。











← 銅製品のページへ戻る