DK-860 銀貼鳳鳥・瑞獣紋加彩八稜鏡 / Old Chinese Bronze

時代:唐時代(AO618〜907) 、サイズ:径 20.5cm高さ 2.5cm・重量 1200g
価格: \ 問い合わせ
わずかに八稜とし、鳳凰・鹿・獅子・瑞雲を打ち出し、地には細微な魚子紋を施した銀薄板を肉厚銅板に嵌め込む。わずかな緑彩と鮮麗な加彩が施されていた(唐加彩俑に使われる加彩と同様染料)。外周細帯には銀点が装飾、鈕には宝相華紋が紅・緑彩で、外周には花唐草紋が装飾。鏡面も加彩で装飾され、重量があるので実用品でない。生まれは極美華麗な艶気が有る。

類例を見ない珍品。華やかな唐文化を彩った作品の一つであり、史料価値は高い。
1980年代西安郊外墓出土品。西安業者長年秘蔵。











← 銅製品のページへ戻る