DK-856 貴石・金・銀象嵌 敦 / Ancient Chinese Bronze Dui

時代:戦国時代後期 、サイズ:高さ 14cm×横幅 12cm×奥行 9.5cm
価格: \
このような卵型食器3足蓋物を「敦」と称す。
多種ある銅器の中では数少ない器型。全面漆とし、胴部は3段に分け瑞雲文を金銀象嵌、鳥獣文を金象嵌。トルコ石・赤瑪瑙象嵌で装飾、蓋部も瑞雲文を金象嵌し、トルコ石象嵌装飾する華麗な富者の装飾品。大型品は盛食器であり、このような華麗な装飾はない。

胴部は円環が2個、蓋部は3個、伏せると平鉢となる。全面の象嵌装飾で卓越した技術により、評価の高い古代金工品の優品。

参照本 : Understanding Ancient Chinese Bronze












参照本:Understanding Ancient Chinese Bronze




← 銅製品のページへ戻る