DK-824 四乳神獣紋規矩鏡

時代:秦・前漢時代(前1C) 、サイズ: 径 19.5cm×縁厚 0.5cm、重量 820g
価格: \ 問い合わせ

天は円く地は四角い(天円地方)という古代中国人の基本的な天地構造についての認識に基づいて、宇宙の構造を模擬的に表現した鏡。鈕は珍しい獣形。

外周は弧を連ねた深く鋭利な彫りで表現され、全体に重厚な厚みのある作りとしている。銘帯鏡に類似した篆書体の銘文が表現される。方格規矩神獣鏡の製作は、王莽期(AO8〜25)以後盛んとなるが、前漢末期に確実に出現している








← 銅製品のページへ戻る