DK-016 銀菊形盃
時代: 宋時代 、サイズ:高さ 7cm× 口径 5cm
価格: \ 200,000
菊弁型の銀盃(19弁)。
花心は魚子打ちの鍍金丹座が嵌め込みとなり、金・銀の対比がとても美しい。宋時代の漆器・磁器にも共通する菊型。
日本では鎌倉時代、化粧用具の一つとして同形の品が有り、影響を与えている事がわかる。






← 銅製品のページへ戻る