唐時代は国際性を帯び、造形や文様にもその影響が見られる。8世紀後半からは越窯・耀州窯で青磁が、ケイ州窯で白磁が、晩唐には定窯でも白磁の生産が始まり、長沙窯では青磁釉が盛んに焼成された。長沙窯(銅官窯・瓦渣坪窯ともいう)は湘江下流長沙域の北15キロにあった唐代の民間窯。この窯では普通の民間陶磁器の他に、観賞用の陶製の小玩具も造られていた。

※ 各商品画像をクリックしていただくと詳細画像、および商品解説がご覧いただけます。

その他唐の陶磁 Page1

CU-033 CU-034 CU-035  

黄釉獅子

澄泥獣足円面硯

黄釉緑褐彩鳥文鉢
 

CU-029 CU-030 CU-031 CU-032

黄釉褐彩貼花文四耳壺

黄釉獅子

緑釉絞胎花文托碗

黄釉貼花鉄班蝶文合子

CU-025 CU-026 CU-027 CU-028

緑釉紋胎環耳杯

緑釉絞胎盃

黄釉絞胎盃

緑釉絞胎花文皿

CU-021 CU-022 CU-023 CU-024

緑釉貼花突起文壺

緑釉紋胎貼花盒

黄釉絞胎渣斗

褐釉絞胎盒

CU-017 CU-018 CU-019 CU-020

黄釉緑彩人物文水注

黄釉紋胎三足盤

黄釉紋胎三足壺

緑釉紋胎盒

CU-013 CU-014 CU-015 CU-016

青釉褐彩鳥文碗

黄釉絞胎三足盤

青釉褐彩鳥文獣足盤

緑褐釉貼花人物文杯

CU-009 CU-010 CU-011 CU-012

緑褐釉貼花人物文杯

黄釉絞胎盃

黄釉絞胎多足円面硯

黄釉褐彩鶏形水注

CU-005 CU-006 CU-007 CU-008

青釉褐彩鳥文碗

黄釉絞胎盤口壺

青釉褐彩鳥文碗

黄釉緑褐彩貼花人物文水注

CU-001 CU-002 CU-003 CU-004

黄釉紋胎壺

緑釉絞胎双耳壺

緑釉水注

緑釉紋胎多足円面硯

その他唐の陶磁 Page1