ZK-198 画像石拓本額 / Old Chinese Stone Rubbed Copy
時代: 後漢時代(1〜2世紀)  、 サイズ: 横幅 70cm×高さ 65cm
価格: \ 問い合わせ
後漢の弋射(よくしゃ)猟図。四川省大邑県安仁郷出土の有名な画像石の実拓。
上下二段からなり下段は稲の収穫、上段はイグルミ(弋)を用いて鴨を撃ち落とそうとする二人の人物の姿が描かれている。当時の風俗資料として画像石は極めて価値がある。中国人採拓者の署名印が押される。

画像磚・石は墳墓の中やその周辺に置かれ、埋葬された者を祈念するもの。美術館収蔵となり、現在は勿論採拓不能。






← 雑・工芸品 のページへ戻る