WS-160 彩漆刀掛
時代: 戦国時代  、 サイズ:高さ 88cm×横幅 58cm×奥行 24cm
価格: \ 問い合わせ
黒漆が塗られた長方形薄板上には朱漆飾紐で吊るされた刻粒文玉壁が緑漆で中央に、左右には壁に通された双龍が朱漆で対称に、外周は緑漆で囲まれて描かれる。2段の刀支え棒が形成された板の差込み剣支え台は面取り四方形で、朱漆で山形文が、瑞雲が緑漆で描かれる組み立て式刀掛。
これ程完全な形での遺品は初出の貴重資料であるが、類品は出土している。

参照 : WS-113
参照本 : 中国伝世文物収蔵鑑賞全集 漆器











← 木工・石製品 のページへ戻る