CM-138 黒釉金彩天目碗
時代: 南宋〜元時代  、 サイズ: 高さ 5.7cm×径 11.7cm
価格: \ 問い合わせ

金泥を薄く溶いて、黒釉面に筆彩している。見込み中央には梅花文を、内側面には線文の間に「寿山福海」の吉祥文字を金彩で描く。吉州窯の文字天目にも「富貴長命」「金玉満堂」「福寿康寧」などの吉祥文字を型紙抜きした意匠取りを行ったものがあり、吉祥慶賀を願う切なる中国民衆の心を、陶工が文字に託して幸多く長寿に恵まれることを金泥で書いて需要者の期待に応えたもの。建窯、あるいは天目系の窯とは違った福建省あたりの産であると、粘土及び高台削りの手癖から考えられる。
長い間に金泥が薄くなったりすっかり擦れてしまった作品が多いが、本品は見事に初のまま美しく残っているのが極めて珍しい。









← 天目・黒釉陶 のページへ戻る