CM-133 柿釉鳳凰首注
時代: 北宋時代  、 サイズ: 高さ 14cm×横幅 13cm×奥行 10.5cm
価格: \ 問い合わせ

柿釉は、定窯・磁州窯・耀州窯の諸窯で焼成されている。
鳳首水注の出土例は華南から東南アジアに広がっていることから、おそらく福建や広東を中心とした華南地方で生産され、主として東南アジアに輸出されたと考えられている。










← 天目・黒釉陶 のページへ戻る