CM-119 黒釉印花牡丹文輪花角盤
時代: 南宋時代  、 サイズ: 高さ 5cm×横幅 12cm×奥行 12cm
価格: \ 問い合わせ
吉州窯。
銀製の皿を写して陶器でその鋭さを表している。強く印化された牡丹花文の生地に白釉・黒釉をかけることにより、凸面が浮かび上がる作り。定窯や影響を受けた遼でも白磁の類品は作られている。底面には細かな網目布痕が見られる。

参照 : CW-052
参照本 : 平凡社版 中国の陶磁D 白磁








← 天目・黒釉陶 のページへ戻る