GK-954 玉舞人獣面壁
時代: 前漢時代  、サイズ: 高さ 17.5cm×横 10cm×厚さ 1.5cm
価格: \ 問い合わせ
半円部にち龍が透彫された壁の上部には舞人、下部には獣面がち龍と繋がる浮彫で装飾される。
青玉が湿潤により局部白茶褐色化。精密な彫刻技術が魅力的な佳品。
石は切断してはじめて美しい玉になる。切磋琢磨の四字の漢字は、骨・象牙・玉・石をそれぞれ磨く言葉を並べたもの。








← 玉製品のページへ戻る